ベビーカー・チャイルドシートクリーニング

ベビーカーやチャイルドシートは、クリーニングができないと思っていませんか?

汚れてしまった・カビだらけになってしまったというお品物でも、綺麗にクリーニングをしてお返しさせて頂きます。

 ご利用いただきましたお客様全員に「清潔、安心、まごころ」をご提供できるよう常に心がけおります。クリーニングすることにより清潔であることはもちろん、危険を伴いそうな故障や破損個所を発見した時はお客様にお伝えし、クリーニング後に安心してご使用いただけるお手伝い。

そして、お客様お一人お一人にまごころをもって対応させていただきます。

大切なお子様が使うものだからこそ、綺麗にクリーニングをしませんか?

料金表

 

チャイルドシート 4,800円(税込)
ベビーカー 4,800円(税込)
ベビーカー(二人乗り) 6,900円(税込)
ハイローチェア 4,800円(税込)

クーファン

3,000円(税込)

抱っこ紐(子守帯)

3,000円(税込)

歩行器

3,000円(税込)

●当店の近隣のお客様には無料で配達させて頂きます。

(杉戸町、宮代町、春日部市、幸手市)

●全国に対応しておりますので、どの地域にお住まいのお客様でもご利用できます。

クリーニング料金の他に、別途送料として1台に付き1,500円(北海道、四国、九州は1,700円、沖縄県及び離島は事前に相談いただき別途追加料金)がかかります。

 

ご不明なことがございましたら、お気軽にお問い合わせください!

お電話:0480-32-1786

メール:→店主直行メール

(メールソフトが起動します)

LINE:友だち追加

(田辺クリーニングのLINEアカウントになります)

安心・安全のクリーニング

●クリーニングだけでなく、安全面からもしっかりサポート

お客様からお預かりさせていただきましたチャイルドシートやベビーカーは、初めにしっかり検品をいたします。部品が取れたりしていないか、今後使用していく中で破損の可能性がないかなど、細かくチェックいたします。

問題が発見された場合には、お客様にお伝えいたしますのでご安心ください。

●プロの腕によるクリーニングで、本当の綺麗を実現

お使いになるのは、大切なお子様です。大切なお子様のことを第一に考え、クリーニング時に使用する洗剤はできるだけ天然の石鹸を使用いたします。

そして、シートだけでなくボディーも隅々に溜まったお菓子のカスやゴミを綺麗に取り除き、高圧洗浄機やスチームを使用して洗浄除菌いたします。

●全国宅配も行っておりますので、ご自宅にいながらご利用いただけます

全国宅配いたしますので、持ち運びが大変なチャイルドシートやベビーカーもご自宅にいながらご利用いただけます!

また、当店の近隣のお客様(杉戸町・宮代町・春日部市・幸手市)には、送料無料で直接お届けさせていただきます。


お客様の声

最近まで娘が使用していたチャイルドシートは、食べこぼしや汗、おもらしなどの汚れがあり、自分なりに掃除はしていたものの、産まれてくる赤ちゃんに使用させるのをためらい新品を購入しようかと考えていたのですが、こちらでクリーニングして頂き、見違えるように綺麗になり、見た目はもちろん匂いも全く気にならなくなりました。買い替えに比べてすごく経済的だったことと、何よりも使い慣れた物でもともと愛着があったのが兄妹で使えるということでいっそう愛着がわきました。


クリーニング工程

1、シート類の取り外し

 

外すことができるシート類はすべて本体から外します。

ネジを外してまでの分解ではありませんのでご安心ください。

(チャイルドシートなどは安全上からネジなど外しての分解はいたしません。)


2、シートの洗浄

 

赤ちゃんが使うことを考えて使用する洗剤は基本的に石鹸のみで洗います。

極端な汚れやカビがすごい場合は化学洗剤に浸け置きをした後に石鹸でブラッシングをして洗剤成分が残留しないよう十分にすすぎを行います。

 最後に洗濯機で水による洗いを行います。


3、ボディの洗浄

 

シートを外したボディーをご覧になったことはないと思いますが、実はボディーの中は大変なことになっています。お菓子の食べかす、虫害虫の卵などキャァーと声をあげることも。

普通は目にしないこともありシートの下(ボディーの中)は気にしていないと思いますがシートよりはるかに汚れています。

ボディーはエアーコンプレッサ、高圧洗浄機、高温スチームなどの機材を使用し細部のゴミやお菓子の食べかす、害虫の卵などを除去します。

ベルトの茶色い汚れは重曹と石鹸水を配合したものを浸透させ手もみ洗いをします。十分にすすぎをした後に高温スチームで全体的に熱消毒をします。

最後にエアーコンプレッサーを使用しボディーの隅々の水分を除去し乾燥室でしっかり乾燥します。

なお、チャイルドシートのボディーは種類によって内部の構造が様々で、ネジを多く使用していたり乾燥しにくい構造をしている物は高圧洗浄機の使用はできません。その場合はエアーで出来る限りゴミを除去し、高温スチームによる除菌になります。


4、ウレタンの洗浄

 

チャイルドシートには座った時に痛くないようクッションのためのウレタンが入っています。素材はスポンジが多く、実はこれもすごい汚れが。おそらく雑菌も多く繁殖していることでしょう。

ウレタンは高圧洗浄機で何度も洗い、最後に高温スチームで熱消毒をします。

 ※ウレタンの素材、老朽化などによりすでにボロボロであったり水洗いに耐えられないものは高温スチームによる熱消毒のみになります。 


5、乾燥

 

乾燥室はストーブ、ヒーターで温度を上げ除湿機を併用し乾燥させます。室内は50度前後、スキー場の宿などにある乾燥室をイメージしてください。

水洗いされたボディーやウレタンはあらかじめエアーや拭き上げ作業で水分を除去した後、乾燥室で3日ほどかけてしっかり乾燥します。


6、組み立て・点検

 

熟練された作業スタッフが一点一点ていねいに組立を行います。

組立作業中に故障や不具合などを発見することがあり、安全上問題があるような場合はお電話やメールにてお知らせしています。その他の不具合等は作業担当者からのメモ等でお伝えいたします。

 安心してご使用いただけるよう常に心掛け組み立てをしています。

ご依頼・お問い合わせ

お電話:0480-32-1786

メール:→店主直行メール(メールソフトが起動します)

LINE:友だち追加(田辺クリーニングのLINEアカウントになります)